>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:モチノキ
所属:モチノキ科 モチノキ属
学名:Ilex integra Thunb.
特性: 常緑小高木。樹皮暗灰色、平滑、葉は有柄互生し、革質全縁、倒卵状。 雌雄異株。4月頃黄緑色の単性花を葉腋につける。雄ずいは4個、雌花は1〜2個、子房は卵状長楕円形、大形、果実は10月頃成熟、漿果様の核果をなし球形、紅色。
分布: 本州、四国、九州
用途: 器具材、庭木
備考: 適湿な肥沃地を好むが、海岸の岸壁などにも生育し、乾燥にも強い。公害に強い樹木の1つとして注目されている。この仲間は播種しても、1年床におかなければ発芽しないものが多い(タラヨウ、クロガネモチなど)病害虫としてルビロ−ムシがつき易い。
 開花時期: 4月
果実成熟期: 10月
写真上:
写真下: