>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:アワブキ
所属:アワブキ科 アワブキ属
学名:Meliosma myriantha Sieb. et Zucc.
特性: 落葉高木。樹皮は帯紫暗灰色をなし、平滑で褐色の小さい皮目が多数あり、縦に割れよく目立つ。若枝は褐色である。葉は互生し長楕円形をなし、上面無毛、下面は淡緑色で汚黄色の短毛があり、縁には短芒に終る低牙歯がある。 若枝の先に円錐形の花序を出し、広三角形の有毛で多数の花を開く。花は淡黄緑白色で、花弁は円形で5個ある。液果は歪球形にて赤熟し、基部に花柱を残す。
分布: 本州、四国、九州、朝鮮半島の温帯および暖帯に分布する。
用途: 材は小細工物用とする。
備考: 和名アワブキは泡吹の意で、枝幹を切って燃やすと切り口から泡をふくので名付けられたものである。
 開花時期: 6〜7月
果実成熟期: 9〜10月
写真上:
写真下: