>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:アカマツ
所属:マツ科 マツ属
学名:Pinus densiflora Sieb. et Zucc.
特性: 常緑針葉高木。樹皮は赤褐色または黄褐色であるが、下部では暗褐色で、幼樹では薄く老樹では厚く裂ける。枝条は幼樹では輪生し、老樹では太い枝を水平に開出する。葉は短枝上に2個ずつ生じ、基部に葉鞘があり、淡黄緑色、針状で細長い。 雌雄同株。球果は卵状円錐形で淡黄褐色である。種子には翼があり、種子の約3倍である。
分布: 日本のほか朝鮮半島、中国東北部、ウスリ−地方などに広く分布する。北緯およそ30゜15´が天然分布の南限地である。
用途: 材は建築材、器具材、楽器材、土木用材、木毛からバルプなど用途は広い。木からは松脂、葉からは香料、強壮剤の原料をとる。根からはテレビン油、タ−ルを採る。木は防風用、風致用、土砂防出用に植林し、庭木や盆栽としても用いられる。
備考: 和名のアカマツは、幹が赤褐色をしているところからきている。一名メマツはクロマツに比べて柔らかい感じがするからである。
 開花時期: 4月
果実成熟期: 翌年10月
写真上:
写真下: