>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ヤマハゼ
所属:ウルシ科 ウルシ属

学名:Rhus sylvestris Sieb. et Zucc.
特性: 落葉高木で枝は太く粗生、幼枝は紫紅色を帯び斜上する。葉は互生し有柄、奇数羽状複葉で小葉は狭長楕円形で全緑。短鋭又は急鋭頭、上面暗緑色、下面は灰緑色である。 雌雄異株。花はハゼに似る。核果は篇球形でハゼより小さく汚黄色、稍下垂する。
分布: 本州(東海道以西)、四国、九州の山地、琉球、台湾、中国に分布する。
用途: 弓材とする。
備考: 本居宣長は山に生えたるを「山ハゼ」といい、里に生ひたるよりも性よしと記す。
 開花時期: 5〜6月
果実成熟期: 10〜11月
写真上:
写真中:
写真下: 堅果