>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:チャンチン
所属:センダン科 チャンチン属
学名:Cedrela sinensis Juss.
特性: 落葉高木。樹皮は暗褐色をなし一種の臭気がある。葉は互生し、奇数羽状複葉をなし、小葉は卵形または長楕円形で先端は鋭形で全緑。新葉は赤色または黄色で美しい。 枝先に大形の円錐花序を出し、多数の小白花を開く。さく果は長楕円形で褐色をなし、下垂し、果は上を向く。種子は上部に長い翼をもっている。
分布: 中国原産(ことに河北、山東両省に多い)。台湾、朝鮮半島、中国北東部に広く分布する。日本には徳川時代に渡来し、本州、四国、九州の各地に植えられている。
用途: 材は建築材、器具材、楽器、土木用材等に用い、木は庭園、公園、街路樹として植えられている。また新芽をつんで食べ、樹皮からタンニンをとり収斂剤とする。
備考: 土地は選ばないが、乾燥には適さない。肥沃地を好み、根際から芽を出す。和名チャンチンは中国名「香椿」の中国音である。
 開花時期: 6〜7月
果実成熟期: 10月
写真上:
写真下: