>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ネムノキ
所属:マメ科 ネムノキ属
学名:Albizia julibrissin Durazz.
特性: 落葉高木で幹は多く斜上する。樹皮は灰褐色、平滑である。枝は無毛で太く疎生し横に広がる。葉は互生し、大形の二回羽状複葉をなし、葉柄の基部の上面に1個の腺がある。上面は濃緑色で光沢があり、下面は粉白色で軟毛がある。 花は無梗で夕方開き、淡紅色をなす。種子は偏平楕円形をなし、褐色である。
分布: 本州、四国、九州、琉球、朝鮮半島、中国の暖帯ならびに温帯に広く分布する。
用途: 材は建築材、器具材等に使用し、葉は洗濯用、また抹香を作る。樹木は庭木などとして植えられる。
備考: 和名ネムノキは小葉が夜間はとじて睡眠現象を示すから名付けられたものである。
 開花時期: 6〜7月
果実成熟期: 9〜10月
写真上:
写真下: