>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:カイドウ
所属:バラ科 リンゴ属
学名:Malus halliana Koehne
特性: 落葉高木。日本では樹高3〜4mのものが多い。枝は開生し、広い樹冠をなす。幹は平滑で灰色をなし、時に外皮が剥げる。枝は暗紫色である。葉は有柄で互生し、楕円形で鋭頭をなす。 花は葉に先立ち、通常八重で一重も混じ、半開のもの多し。色は外側紅で内側は白である。果実は梨果状で黄または暗紅褐色、小球形で、中国ではよく結実するとある。
分布: 中国西部原産。日本渡来の時代は、一説によると室町時代という。
用途: 庭樹、鉢植、盆栽として賞用される。
備考: 鎌倉市妙本寺の巨木は著名で花時は特に美しい。
 開花時期: 4〜5月
果実成熟期: 10月
写真上:
写真下: