>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:シャリンバイ
所属:バラ科 シャリンバイ属

学名:Raphiolepis umbellata Makino
特性: 常緑小高木。幹は枝分かれして直幹が立たない。海岸地方では、多く低木状になっている。葉は互生し、楕円形、質厚く、光沢がある。 花は円錐花序をつける。白色、果実は径1cm、黒紫色とな。
分布: 本州の南海岸、四国、九州の海岸
用途: 庭木
備考: 土地を選ばず、海岸砂礫地にも生育する。剪定して樹形をととのえることができる。海岸造林用の樹木として適する。5月頃の花と、深緑の葉が賞用される。シャリンバイの名は枝が車輪状にでて、花は梅に似ることに由来する。
 開花時期: 5月
果実成熟期: 10月
写真上:
写真中:
写真下: 堅果