>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:オオカナメモチ
所属:バラ科 カナメモチ属
学名:Photinia serrulata Lindl.
特性: 常緑低木。枝が株立状になる。葉は互生し、革質、長さ10〜20cm、幅4〜8cm、葉縁には刺状の細い鋭い鋸歯がある。幼葉は帯紅色、秋には紅葉するものが多い。 花は晩春から夏にかけて散房花序の白い花をつけ、10月果実は赤く熟する。球形
分布: 中国、台湾
用途: 庭木
備考: 中国では墓樹、庇陰樹として利用されているという。アメリカでは有数の生垣用、こんもりと繁り、広い庭などでは重量感のある庭木になる。特に土質を選ばないが、日のよく当たるところが濃緑と紅葉が美しい。新葉のでたあと古葉は紅葉して落葉する。
 開花時期: 晩春から夏
果実成熟期: 10月
写真上:
写真下: