>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:コデマリ
所属:バラ科 シモツケ属
学名:Spiraea cantoniensis Lour.
特性: 落葉低木。幼枝は細く、先端は垂れ下がる。葉は有柄互生し、披針形で、長さ2〜4cm、幅0.8〜1.5cm、葉の上部に不斉鋸歯がある。下面は粉白色。 4〜5月頃白色5弁花を多数散形状に開き、球形、果実は10月成熟する。5ケの袋果をつける。
分布: 中国原産
用途: 庭木、切花
備考: 向陽の肥沃な土壌を好む。株状になる。あまり剪定しない。株分け、さし木で増殖される。優雅な庭木としてよく利用されている。自然形のままが美しい。株張りして樹勢がおとろえる場合は、株分けして肥培すれば花つきがよくなる。変種にヤエノコデマリがある。
 開花時期: 4〜5月
果実成熟期: 10月
写真上:
写真下: