>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:シジミバナ
所属:バラ科 シモツケ属
学名:Spiraea prunifolia Sieb. et Zucc.
特性: 落葉かん木。叢状分岐し、幼枝に稜角なく、短軟毛が密生する。葉は互生し、広卵又は卵形で鈍または鋭頭、上面は無毛で光沢があり、下面は伏軟毛が密生し、秋には青銅色となる。 花は4〜5月新葉と共に開く。花は3〜10花着生し、八重咲。花頭少しくぼむ。実は結実しない。
分布: 中国原産。日本に古く渡来した。中国東北部にあるのは日本からの移植品である。
用途: 観賞用とする。
備考: 花頭がくぼむことからエクボバナの名はこれによる。昔はこれをコゴメバナといった。今日コゴメバナというのはユキヤナギである。
 開花時期: 4〜5月
果実成熟期: 
写真上:
写真下: