>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ヤナギザクラ
所属:バラ科 ヤナギザクラ属

学名:Exochorda serratifolis S.Moore
特性: 落葉かん木。葉は互生し、倒披針形又は長楕円形で鋭頭、下面は帯白色である。 花は5〜6月に咲き、4〜5弁は白色、先端凹入。果実は朔果、5稜、卵球形、腹背で裂開する。種子には翼があり、10月成熟する。
分布: 中国北部、東北部、朝鮮半島に分布する。日本には明治末期に輸入した。
用途: 観賞用とする
備考: 変種としてケヤナギザクラがある。葉の下面が有毛である。
 開花時期: 5〜6月
果実成熟期: 10月
写真上:
写真中:
写真下: 堅果