>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:リンボク
所属:バラ科 サクラ属
学名:Prunus spinulosa Sieb. et Zucc.
特性: 常緑高木。葉は互生し、長楕円形、革質、光沢があり、若木の葉には鋭い鋸歯がある。老木になると全緑。葉柄の上部1〜2個の密腺がある。 花は9〜10月、総状花序、白い花をつける。核果は広楕円形、年をこして黒熟する。材はかたい。
分布: 本州、(関東地方以西)四国、九州、琉球の暖地
用途: 材は小細工用、柄木
備考: 花は観賞価値がない。常緑の葉が密について、雑木林の1樹種としては利用できる。肥沃地を好み、サクラ属のなかでは数少ない常緑樹の1つである。バクチノキに似ているが、葉が小形。
 開花時期: 9〜10月
果実成熟期: 
写真上:
写真下: