>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:アカエゾマツ
所属:マツ科 トウヒ属
学名:Picea glehnii Mast.
特性: 常緑の大高木。1年生枝は赤褐色で褐毛が密生している。葉の断面が四角形でトウヒ属のうちもっとも小さい。 球果は円筒形、はじめ紫紅色のち褐色となる。長さ5〜8cm、径2〜3cm。
分布: 北海道、南千島、樺太南部
用途: 建築用材、包装用材、パルプ材などのほか、その姿が優美で樹性が強いところから北海道では造園用として利用されている。盆栽としては高級である。
備考: 和名のアカエゾマツは赤蝦夷松の意で、エゾマツより樹皮が赤いことからきた名前である。
 開花時期: 6月
果実成熟期: 9〜10月
写真上:
写真下: