>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:イスノキ
所属:マンサク科 イスノキ属
学名:Distylium racemosum Sieb. et Zucc.
特性: 常緑高木。樹皮は暗灰色で初め平滑であるが、老樹では粗ぞうとなりはげる。小枝は灰褐色。葉は有柄で互生し、長楕円形で光沢はない。葉身に大きな虫えいができ、中に数匹ないし十数匹のダニの幼虫がいる。 葉腋総上花序をつけ、花房の上方には両性花、下部には雄花をつける。果実はさく果で広卵形をなし、黄褐色の密毛を生じ、熟して2裂する。種子は長卵形で黒色である。
分布: 本州(伊豆以南、東海道、南幾、山陰)、四国、九州、琉球、台湾(南端)、済州島、中国(折江省)の暖帯に広く分布する。
用途: 材は建築材、器具材、楽器材、くし材などとし、樹皮からはとりもちを作る。樹木は庭木、生垣用とする。
備考: 種類として、ホソバイスノキ、コバノイスノキ、シダレイスノキがある。
 開花時期: 4月
果実成熟期: 10月
写真上:
写真下: