>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ハマヒサカキ
所属:ツバキ科 ヒサカキ属
学名:Eurya emarginata (Thunb.) Makino
特性: 常緑かん木。葉は互生し、長楕円形、先端は丸くなって少しくぼんでいる。厚い革質をなし、表面は光沢があり、葉縁のヘリが裏側に少し巻こんだようになる。 花は3〜4月、葉腋に数個、下向きに開く、小形、果実は10月頃成熟する。果、球形、紫黒色、果汁多し。
分布: 本州の中南部以西、四国、九州、琉球の海岸地方に多い。
用途: 庭木
備考: 向陽地を好む。土地は選ばないが、適潤のところが葉が美しい。種子はよく発芽するので、実生で増殖する。庭木としてはヒサカキよりすぐれ、寄植え、境木として用いる。風通しの悪いところではカイガラムシがつきやすい。
 開花時期: 3〜4月
果実成熟期: 10月
写真上:
写真下: