>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ヒメシャラ
所属:ツバキ科 ナツツバキ属
学名:Stewartia monadelpha Sieb. et Zucc.
特性: 落葉高木。樹皮は淡赤黄色または淡褐赤色で平滑である。老樹は薄片となり剥離する。葉は有柄で互生し、長楕円形をなし、先は尖り、縁には低い鋸歯がある。 葉のつけ根に柄を出し、白い花を開く。さく果は円錐状卵形で、熟して5個の果片に裂開する。
分布: 本州(箱根地方、東海道、南畿)四国、九州(屋久島を含む)の温帯に分布する。
用途: 器具材などに使用し、木は庭木として珍重される。
備考: 常に疎開する森林内に生じ、陽樹で群落をなすことが多い。和名ヒメシャラは「姫沙羅」の意である。
 開花時期: 6〜7月
果実成熟期: 10〜11月
写真上:
写真下: