>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:オトメツバキ
所属:ツバキ科 ツバキ属
学名:Camellia japonica f. otome Makino
特性: 常緑低木。枝は密に茂り、樹勢は強健、葉はヤブツバキに比べて小さい、卵形で脚、先端が尖っている。表面光沢があり葉脈、網状。 花は3〜4月に開く八重咲、平開、花弁多く、花心がない。淡紅色、弁は円頭形、花びらが整然と重なっている。
分布: 栽植品
用途: 花木
備考: さし木が容易、樹形もよくととのっている。土質は肥えた適潤のところによく生育する。同じ乙女に白花のものがあるが、生育も劣り、本種に比べてさびしい。風通しがわるいとルビロ−ムシがつき易いので注意する。
 開花時期: 3月
果実成熟期: 10月
写真上:
写真下: