>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:カラマツ
所属:マツ科 カラマツ属
学名:Larix leptolepis Gord.
特性: 落葉大高木。樹幹直立し円錐形、枝は細く葉は4月開き鮮緑色、下面は緑白色の線形。 雌雄同株。5月開花。雄花は黄色楕円形、雌花はうす紅色、卵形。10月頃種子は熟する。球果は上向につき広卵形、黄褐色、種子は倒卵状くさび形。結実には豊区の周期がある。
分布: 宮城県以南の関東、中部山岳の1,000m以上
用途: 建築、合板、土木用、庭木
備考: 秋の黄葉と新春の開葉が美しい。乾燥した向陽地を好む。九州でも九重山塊に造林されたが成長が悪く、みるべき造林地がない。耐寒性があり東北、北海道ではりっぱな造林地ができている。最近カラマツ合板に成功し、これからのが期待されている。
 開花時期: 5月
果実成熟期: 10月
写真上:
写真下: