>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ハマビワ
所属:クスノキ科 ハマビワ属
学名:Litsea japonica (Thunb.) Juss.
特性: 常緑小高木。暖い地方の海岸に多い。葉はよく茂り、有柄、互生し、長楕円形、厚い革質でシャクナゲの葉に似ている。長さ10〜15cm、表面暗緑色でなめらか、裏面には綿毛が密生している。全緑葉の外側は少し内にまがりこんだようになている。 雌雄異株。10月頃、黄白色の小さい花を腋生する。液果は楕円形で翌年になって熟し、青黒色。
分布: 本州(中国地方以西)、四国、九州の海岸用途防風、防潮林
用途:
備考: 熊本では天草の海岸に自生している。アオスジアゲハの食草、樹名の似ているイヌビワはクワ科、ビワはバラ科、ヤマビワはアワブキ科である。
 開花時期: 10月
果実成熟期: 
写真上:
写真下: