>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ヒマラヤシーダ
所属:マツ科 ヒマラヤスギ属
学名:Cedrus deodara Loud.
特性: 常緑高木。樹形端正、枝は水平に垂れ下がり、壮大、世界三大公園樹の一つになっている。葉は軟らかな針状をなし束生する。 雌雄同株。花は9〜10月、雄花は長楕円形で直立、雌花は小円錐形、単生、球果は翌年の秋に成熟する。長さ7〜13cm、径5〜6cm、種子には短い翼がある。
分布: インドのヒマラヤ産
用途: 庭木、街路樹
備考: 本種は九州林木育種場が金峰山国有林産のヒマラヤスギから採種して育てられたものである。大木になるが、最近刈り込みして、せまい庭や目かくし用によく植えこまれている。適潤な肥えたところによく成育する。
 開花時期: 9〜10月
果実成熟期: 翌年10月
写真上:
写真下: