>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:アブラチャン
所属:クスノキ科 シロモジ属
学名:Parabenzoin praecox Nakai
特性: 落葉小高木。幹は細く株立状になる。樹皮は灰褐色である。葉は互生、卵形、紙質をなしている。全緑、下面は帯白色。 雌雄異株。花は3月頃、葉に先だって腋生する。小散形花序、花は小形で黄色、果実は10月成熟する。球形、帯黄褐色で径1.3〜1.5cm。
分布: 本州、四国、九州
用途: 庭木
備考: 株立状と早春の黄色い花を賞用することができる。土地はあまり選ばないが、向陽地を好む。一名ムラダチという名があるように叢状になる。クスノキ科樹木特有の香気がふくまれている。
 開花時期: 3月
果実成熟期: 10月
写真上:
写真下: