>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:ヤブニッケイ
所属:クスノキ科 クスノキ属
学名:Cinnamomum japonicum Sieb. ex Nakai
特性: 常緑高木。樹皮は灰緑赤黒色をなし、平滑である。1〜2年生枝は緑色をなす。葉は有柄で互生または対生をなし、狭卵形または長楕円形で、先は短く尖り、もとは鋭形、または円形。上面は深緑色で光沢があり、下面は淡白緑色で香りがある。 花は枝先の葉腋から出て、淡黄色の小さな両性花を開く。液果は楕円形で黒く、種子は1個である。
分布: 本州(福島県以南)、伊豆七島、四国、九州、済州島、琉球、中国南部の暖帯に広く分布する。
用途: 材は床柱、器具材などとする。葉は包餅用、薬用とする。種子より油をとり燈用にし、木はまれに庭園樹とする。
備考: 苗木はニッケイの台木とする。学名の種小名は「日本の」の意味である。和名ヤブニッケイは「薮肉桂」でやぶに生え、肉桂(ニッケイ)に似た樹という意味で名づけられたものである。
 開花時期: 6月
果実成熟期: 11〜12月
写真上:
写真下: