>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:クスノキ
所属:クスノキ科 クスノキ属

学名:Cinnamomun camphora (Linn.) Sieb.
特性: 常緑高木で枝はよく分かれ、丸い樹冠をなす。樹皮は黄褐暗灰色で、縦に割れ目を生ずる。1〜2年生枝は緑色で無毛。葉には長い柄があり、卵形、先も基も尖り光沢がある。 花は新枝から小形の花を開き、初め白色でのち淡緑黄色である。果実は球形で初め緑色であるが、熟して紫黒色となる。種子は1個。
分布: 本州(茨城県、兵庫県以南)、四国、九州、琉球、済州島、台湾、中国、イナドシナの暖帯から亜熱帯にわたって分布する。
用途: 材は建築材、器具材、家具材などとし、また樟脳の原料ともなる。木は公園用、街路樹用とする。
備考: 一名クス。漢名は「樟樹」であり、楠はクスではない。
 開花時期: 6月
果実成熟期: 11〜12月
写真上:
写真中:
写真下: 堅果