>>  Home  >>  立田山実験林紹介ページ  /  まえがき  /  樹木の花をみて探す  /  樹木の葉をみて探す
和名:シキミ
所属:モクレン科 シキミ属

学名:Illicium religiosum Sieb. et Zucc.
特性: 常緑小高木。枝がよく繁る。葉は互生、革質、平滑、全緑、枝葉には香気がある。 3〜4月淡黄色の花を開く。果実は秋に熟し、星形の黄色い種をはじきとばす。有毒植物である。
分布: 本州(関東以西)、四国、九州、琉球、朝鮮半島、中国
用途: 公園などの造園木
備考: 寺や墓地などによく植えられている。陰地で湿気の多いところを好む。6月頃のさし木ができる。独立して植えたり、下木として利用されている。琉球にはオキナワシキミ、四国にはウスベニシキミがあり、栽培種には斑入種があるといわれる。
 開花時期: 3〜4月
果実成熟期: 9月
写真上:
写真中:
写真下: 堅果