和名:ヤママユガ
所属:チョウ目 ヤママユガ科 学名: Antheraea yamamai (Guerin-Meneville)
形態: 成虫の開張120-150mm 幼虫の体長70mm
食樹:コナラ、クヌギ、クリ、カシワ、カシ類のほかサクラ等かなり広い食性をもつ。
分布:本州、四国、九州、対馬、屋久島
生態: 1年に1回発生する。成虫は9月に現れる。卵は食樹の樹皮や枝に産まれ、卵で越冬する。3月に孵化し、6月に蛹になる。幼虫が成熟する時期には、食樹の下に直径7mmにもなる糞が落ちている。繭は葉の間に作られ、楕円形をしている。一部の地方ではこの繭から天然の糸をとる。
写真: 幼虫
写真: 成虫