和名: カシノナガキクイムシ
所属: コウチュウ目 ナガキクイムシ科 PLATYPODIDAE 学名: Platypus quercivorus MURAYAMA
形態: 成虫は体長は4.5mm-4.6mmの円筒状。雌の前胸背板に見られる円形の小孔は共生菌を貯蔵する器官(マイカンギア)。
食樹: 九州ではアカガシ,ウラジロガシ,マテバシイが主要寄主だが(本州ではコナラ,ミズナラ),他の多くの広葉樹で記録がある。
分布:本州・四国・九州・沖縄
生態: 生立木または伐倒直後の木が加害される。最近各地で生じているカシ・ナラ類の集団枯損との関連が疑われているが,まだ不明な点が多い。成虫は一夫一妻性で材内に深く複雑な坑道を掘る。坑道内で特殊な共生菌を栽培し,これのみを餌として幼虫を育てる。
写真: 被害アカガシの断面。黒い点が坑道
写真: 左は雌成虫、右は雄成虫