森林微生物管理研究グループ

研究課題は、マツ材線虫病(いわゆるマツクイムシ)をはじめとする樹病問題、きのこ栽培の害菌問題、温暖帯の野生きのこの調査・利用やきのこの遺伝・育種などです。

メンバーと主な研究内容

各メンバーのリンク先は一部が旧研究室時代のページになっていますので、一部に古い記述があります。

役職 氏名 研究内容
グループ長 小坂 肇 線虫病関係
チーム長 関谷 敦 特用林産担当 
主任研究員 宮崎 和弘 きのこの遺伝育種・栽培きのこの害菌問題
主任研究員 高畑義啓 樹木の病害

以前本グループに所属していた根田 仁、および明間民央(リンク先は研究情報交換用Webサービス内のページ)は、森林総合研究所(本所)に転出しました。

当グループは、林野庁森林総合研究所時代の樹病研究室と特用林産研究室からなっています。

一般向けの研究成果など

樹病関連

九州の樹木の病気

きのこ関連

きのこの話(根田)

きのこの栽培について(宮崎)

きのこの害菌問題について(宮崎)

菌根の話(明間)

きのこの調査に関連して

毒きのこについて