グループtop概要メンバー試験地お問い合わせこれは何?English


荒木眞岳 (あらきまさたけ、Masatake G. ARAKI) 主任研究員


研究内容と調査地


研究業績 


T.原著論文
  1. Araki MG, Kajimoto T, Han Q, Kawasaki T, Utsugi H, Chiba Y (in press) Effect of stem radial growth on seasonal and spatial variations in stem CO2 efflux of Chamaecyparis obtusa. Trees (DOI 10.1007/s00468-014-1127-6)
  2. Hirata R, Ito S, Araki MG, Mitsuda Y, Takagi M (2014) Growth recovery of young hinoki (Chamaecyparis obtusa) subsequent to late weeding. Journal of Forest Research 19:514-522 (DOI 10.1007/s10310-014-0450-5)
  3. Han Q, Kabeya D, Saito S, Araki MG, Kawasaki T, Migita C, Chiba Y (2014) Thinning alters crown dynamics and biomass increment within aboveground tissues in young stands of Chamaecyparis obtusa. Journal of Forest Research 19:184-193 (DOI 10.1007/s10310-013-0405-2)
  4. Noguchi K, Han Q, Araki MG, Kawasaki T, Kaneko S, Takahashi M, Chiba Y (2011) Fine-root dynamics in a young hinoki cypress (Chamaecyparis obtusa) stand for 3 years following thinning. Journal of Forest Research 16:284-291 (DOI 10.1007/s10310-010-0221-x)
  5. Araki MG, Utsugi H, Kajimoto T, Han Q, Kawasaki T, Chiba Y (2010) Estimation of whole-stem respiration, incorporating vertical and seasonal variations in stem CO2 efflux rate, of Chamaecyparis obtusa trees. Journal of Forest Research 15:115-122 (DOI 10.1007/s10310-009-0163-3)
  6. Mori S, Araki MG et al. (2010) Mixed-power scaling of whole-plant respiration from seedlings to giant trees. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America(PNAS) 107(4):1447-1451 (DOI 10.1073/pnas.0902554107)
  7. Han Q, Araki M, Chiba Y (2006) Acclimation to irradiance of leaf photosynthesis and associated nitorogen reallocation in photosynthetic apparatus in the year following thinning of a young stand of Chamaecyparis obtusa. PHOTOSYNTHETICA 44:523-529 (DOI 10.1007/s11099-006-0065-y)
  8. Utsugi H, Araki M, Kawasaki T, Ishizuka M (2006) Vertical distributions of leaf area and inclination angle, and their relationship in a 46-year-old Chamaecyparis obtusa stand. Forest Ecology and Management 225:104-112 (DOI 10.1016/j.foreco.2005.12.028)
  9. 宇都木玄,荒木眞岳,川崎達郎,石塚森吉 (2001) ヒノキ人工林における葉面積指数の季節変化の推定. 日本林学会誌 83(4):359-362.
  10. Araki M, Tani N, Araki MG (1995) Comparison of mensuration methods for annual shoot elongation with adjacent bud scale marks on shoot of Siberian dwarf pine (Pinus pumila REGEL). Bulletin of Tsukuba University Forest 11: 71-83 (URI)
U.日本森林学会支部会報
  1. 重永英年,荒木眞岳,釣田竜也,長倉淳子 (2011) スギ葉枯れ症状発生林分の針葉のK,Mg,Ca含有量の特徴―大分県山国町,熊本県水上村,鹿児島県東郷町の事例調査と全国値との比較から―. 九州森林研究 64:66-68.
  2. 荒木眞岳,重永英年,奥田史郎 (2010) スギ人工林における強度間伐が残存木の成長に与える影響. 九州森林研究,63:60-63.
  3. 荒木眞岳,前田勇平 (2009) スギ・ヒノキ人工林における間伐直後の開空度に影響を与える要因の解明. 九州森林研究 61:83-85.
  4. 荒木眞岳,前田勇平 (2008) 比較的強度な間伐による林分構造の変化と間伐後の林内光環境. 九州森林研究 61:83-85.
  5. 香山雅純,前田勇平,岩船昌起,荒木眞岳,大谷達也,梶本卓也,田内裕之 (2008) 大面積皆伐地に植栽された苗木の成長. 九州森林研究 61:79-82.
  6. 荒木眞岳 (2006) ヒノキ成木における幹温度の垂直変動と気温との関係 −幹の年間呼吸量推定に向けて−. 九州森林研究 59:85-86.
  7. 岩本宏二郎,石塚森吉,鵜川信,壁谷大介,荒木眞岳 (2005) 縞枯林におけるリターフォール量の季節変動:更新段階の違いに伴う変化. 中部森林研究 53:25-26.
  8. 荒木眞岳,川崎達郎,韓慶民,右田千春 (2004) ヒノキ成木個体の樹冠構造 −3次元デジタイザを用いた測定例の紹介−. 日本林学会関東支部大会発表論文集 55:129-130.
  9. 岩本宏二郎,石塚森吉,鵜川信,壁谷大介,溝口岳男,長谷川元洋,荒木眞岳 (2004) 縞枯林におけるシラベ・アオモリトドマツ個体各器官の相対成長関係,現存量および成長量. 中部森林研究 52:3-5.
  10. 荒木眞岳,千葉幸弘,宇都木玄 (2003) ヒノキ樹幹における辺材面積の推定および辺材面積と葉面積の関係. 日本林学会関東支部大会発表論文集 54:109-110.
  11. 川崎達郎,千葉幸弘,荒木眞岳,韓慶民 (2003) 枝構造と着葉形態から推定するアカマツ成木の着葉分布. 日本林学会関東支部大会発表論文集 54:149-150.
  12. 荒木眞岳,川崎達郎,千葉幸弘 (2002) ヒノキの幹における呼吸速度の垂直分布と季節変化. 日本林学会関東支部大会発表論文集 53:93-94.
  13. 川崎達郎,千葉幸弘,荒木眞岳,韓慶民 (2002) アカマツ枝の3次元構造と局所的光環境の関係. 日本林学会関東支部大会発表論文集 53:91-92.
  14. 岩本宏二郎,石塚森吉,荒木眞岳 (2002) 縞枯山における亜高山帯針葉樹林の更新に伴う細根現存量の変化. 中部森林研究 50:29-30."
  15. 宇都木玄,石塚森吉,荒木眞岳,川崎達郎 (2001) 林冠GAPの修復速度−ヒノキ林を用いて−. 日本林学会北海道支部論文集 49:9-11.
  16. 荒木眞岳,宇都木玄,石塚森吉 (2000) ヒノキ人工林内における相対照度と全天空写真による開空度の検討. 日本林学会関東支部大会発表論文集 51:83-84.
V.学会講演要旨など(筆頭のみ)
  1. 荒木眞岳,玉泉幸一郎,梶本卓也 (2014) 若齢ヒノキ林における年間林冠呼吸量の推定―葉の呼吸速度の温度依存性は季節や樹冠内で異なるか?. 日本森林学会大会発表データベース 125:P1-089.
  2. Araki MG, Kajimoto T, Han Q, Chiba Y, Gyokusen K (2013) Carbon Balance between Growth and Respiration in Stems of Hinoki Cypress (Chamaecyparis obtusa), Central Japan. International Workshop "Monitoring of Forest Ecosystems: Where Do We Stand?" Abstracts P.39 (DOI 10.13140/2.1.1121.5043)
  3. 荒木眞岳,玉泉幸一郎,齊藤哲,梶本卓也 (2013) ヒノキ個体の幹における成長量と呼吸量の配分比. 九州森林学会 69:41.
  4. 荒木眞岳,玉泉幸一郎 (2013) ヒノキ若齢木の樹幹と一次枝における肥大・伸長成長フェノロジーの垂直変動. 日本森林学会大会発表データベース 124:P2-214.
  5. 荒木眞岳,玉泉幸一郎 (2012) ヒノキ若齢木における層別の幹肥大成長と一次枝伸長成長の季節変化. 九州森林学会 68:42.
  6. 荒木眞岳,宇都木玄,梶本卓也,韓慶民,川崎達郎,千葉幸弘,玉泉幸一郎 (2012) ヒノキ人工林における幹呼吸と葉群呼吸の垂直変動と呼吸特性. 日本森林学会大会発表データベース 123:J06.
  7. 荒木眞岳,玉泉幸一郎 (2011) ヒノキ若齢林におけるシュート呼吸速度の樹冠内変動. 回日本森林学会九州支部大会(口頭発表)67:44.
  8. 荒木眞岳,前田勇平 (2010) スギ・ヒノキ人工林における間伐後4年間の林内光環境の変化. 日本森林学会九州支部大会(口頭発表) 65.
  9. 荒木眞岳,重永英年,奥田史郎 (2010) スギ人工林における強度間伐後の成長と樹形. 日本森林学会大会学術講演集 121:Pa1-01.
  10. 荒木眞岳,前田勇平 (2009) スギ・ヒノキ人工林における間伐後の林床光環境の予測. 日本森林学会大会学術講演集 120:000.
  11. 荒木眞岳,前田勇平 (2008) 間伐率や林分構造の変化が間伐後の林内光環境に与える影響. 日本森林学会九州支部会(口頭発表) 63.
  12. 荒木眞岳,前田勇平 (2008) 強度間伐による林分構造の変化と間伐後の林床光環境. 第63回日本森林学会九州支部会(口頭発表) 63:.
  13. 荒木眞岳,前田勇平 (2007) 強度間伐による林分構造の変化. 日本森林学会大会学術講演集 118:602.
  14. Araki M, Utsugi H, Han Q, Kawasaki T, Chiba Y (2006) Vertical variations and seasonal courses in stem respiration of Chamaecyparis obtusa trees. Abstracts of the 2nd. Scientific Congress of East Asian Federation of Ecological Societies 2:502.
  15. 荒木眞岳,川崎達郎,韓慶民 (2004) ヒノキの幹呼吸速度の日変化における温度依存性. 日本生態学会大会講演要旨集 51:122.
  16. 荒木眞岳,川崎達郎,韓慶民,千葉幸弘 (2003) ヒノキ人工林における幹呼吸量 −年間呼吸量の推定と林分へのスケールアップー. 日本林学会大会学術講演集 114:267.
  17. 荒木眞岳,川崎達郎,千葉幸弘,韓慶民 (2002) ヒノキ人工林における幹呼吸量の季節変化と垂直分布および年間幹呼吸量の推定. CGERフラックスリサーチミーティング要旨集(2002)65.
  18. 荒木眞岳,川崎達郎,韓慶民,千葉幸弘 (2002) ヒノキ人工林における幹呼吸量の推定. 日本林学会大会学術講演集 113:540.
  19. 荒木眞岳,川崎達郎,韓慶民,千葉幸弘 (2002) ヒノキの幹における呼吸速度に影響を与える要因の検討. 日本生態学会大会講演要旨集 49:272.
  20. Araki M, Utsugi H, Kawasaki T, Chiba Y (2001) Seasonal changes and vertical distribution of stem respiration in a Japanese cypress (Chamaecyparis obtusa) tree. IUFRO "Canopy processes" workshop, Linking the complexity of forest canopies to ecosystem and landscape function. Oregon, USA. 2p.
  21. 荒木眞岳,川崎達郎,千葉幸弘,宇都木玄 (2001) ヒノキ人工林におけるヒノキ幹呼吸速度の季節変化. 日本林学会大会学術講演集 112:94.
  22. 荒木眞岳,川崎達郎,千葉幸弘,岩本宏二郎 (2001) 亜高山帯針葉樹林における林床の光環境と稚樹の群集構造. 日本生態学会大会講演要旨集 48:281.
  23. 荒木眞岳,宇都木玄,千葉幸弘,石塚森吉 (2000) ヒノキ人工林における過去の現存量の推定. 日本生態学会大会講演要旨集 47:252.
  24. 荒木眞岳,武田博清 (1996) 山地小渓流における落葉の動態 -落葉の加入量,流下量-. 日本林学会大会講演要旨集 107:323.
  25. 荒木眞岳 (1995) 渓畔林から山地小渓流に供給された落葉の動態. 日本生態学会大会 自由集会「河畔林・渓畔林研究の現状と課題」.
  26. 荒木眞岳,武田博清 (1994) 渓畔林における落葉の分解様式 −水中と陸上での,分解速度と養分動態の比較-. 日本生態学会大会講演要旨集 41:130.
W.その他
  1. 重永英年,野宮治人,荒木眞岳,山川博美 (2013) 裸普通苗とポット大苗の初期成長の比較. 森林総合研究所九州支所年報 25:7-8.
  2. 重永英年,野宮治人,荒木眞岳,山川博美 (2012) ススキに被圧されたスギ植栽木の初期成長. 森林総合研究所九州支所年報 24:7.
  3. 荒木眞岳 (2012) ヒノキ若齢木における胸高直径成長と梢端の伸長成長の季節性. 森林総合研究所九州支所年報 24:18.
  4. 山川博美,重永英年,荒木眞岳 (2011) 大分県日田市の下刈りが省略された林地における植栽木および雑草木の成長. 森林総合研究所九州支所年報 23:18.
  5. 荒木眞岳,重永英年 (2011) スギ人工林における強度間伐後の残存木の成長経過と16年後の樹形. 森林総合研究所九州支所年報 23:14-15.
  6. 荒木眞岳 (2010) 「九州の樹木」シリーズ(1)イチイガシ. 九州の森と林業 93:4.
  7. 荒木眞岳,前田勇平 (2010) スギ・ヒノキ人工林における間伐後の開空度に影響を与える要因. 森林総合研究所九州支所年報,21:11.
  8. 野宮治人,矢部恒晶,香山雅純,荒木眞岳,田中浩,梶本卓也,奥田史郎,伊藤武治,奥村栄朗,前田勇平,横尾謙一郎 (2010) 大面積皆伐地の植生回復手法の開発. 森林総合研究所九州支所年報 21:21.
  9. 齊藤哲,梶本卓也,野宮治人,香山雅純,荒木眞岳 (2006) 手入れ不足の人工林や皆伐地を放置して針広混交林や広葉樹林に誘導できるか 研究の”森”から,153:1-2.
  10. 荒木眞岳,五十嵐哲也,川崎達郎 (2001) 第112回日本林学会大会短信:造林部門. 林業技術 710:18-20.

メンバーTopへ
九州支所Topへ