>>  Home  >>  九州支所の刊行物  >>  年報  >>  平成23年版「年報」

森林総合研究所九州支所 平成23年版「年報」

 pdfファイルを見るには Acrobat Reader が必要です。

九州支所における平成22 年度の研究推進の概要

支所長 中 村 松 三

 平成22年度は第2中期計画の最終年度である。農林水産大臣が示す中期目標に対して策定した中期計画の5年目で、その推進とともに中期計画期間の研究成果をまとめあげる大切な年度でもある。第2中期計画では「森林・林業・木材産業における課題の解決と新たな展開に向けた開発研究」と「森林生物の機能と森林生態系の動態の解明に向けた基礎研究」の二大区分の下、前者に三つの重点分野「地球温暖化対策に向けた研究」、「森林と木材による安全・安心・快適な生活環境の創出に向けた研究」、「社会情勢変化に対応した新たな林業・木材利用に関する研究」を、後者に二つの重点分野「新素材開発に向けた森林生物資源の機能解明」、「森林生態系の構造と機能の解明」を設定し、これらの5重点分野の下に総計12の重点課題を策定し、毎年度それぞれの重点課題毎に次年度計画を策定し研究の推進管理を行い、独法評価委員会の評価を受けて業務を遂行してきた。

 平成22年度における支所の研究職員数は26名(平成22年4月1日現在)で、上記重点課題下の様々な研究課題に参画し、研究業務を遂行した。得られた成果は関連する国内外の学会や研究集会等において292件発表された。また、国や地方公共団体等が主催する各種委員会等への委員等の派遣(113件)や受託研修生(32名)の受入指導に取り組んだ。九州地区ブロック会議等での各県からの要望もあり平成22年度から新たな研修企画として研究技術セミナーを開設した。第1回は「DNA解析技術手法の実習(基礎編)−DNA抽出からPCR解析まで」を実施し、3日間に渡って各県試験場等から11名の参加者があった。さらに、一般市民を対象とした立田山森のセミナーや九州・沖縄農業研究センターとの共催による一般公開、年4回発行の支所広報紙「九州の森と林業」、「暖温帯・亜熱帯の森林における生物多様性の維持」のタイトルで実施した九州地域研究発表会などを通じて研究成果の社会還元・普及に努めた。地域連携では、九州地区林業試験研究機関連絡協議会を通じて公立試験研究機関との密接な連携・協力を進めたほか、九州森林管理局及び九州育種場とは技術開発に関する九州森林技術開発協議会等の会合をもち、連携・協力を深めた。

 一方で、研究プロジェクト公募の機会を積極的に捉え競争的外部研究資金の獲得に努めた。平成22年度開始の交付金プロジェクトとして採択されていた九州支所、熊本県、九州大学が一チームとして一翼を担う「深刻な森林被害をもたらすニホンジカの個体数管理計画の策定」が、発展的に組み直され農林水産技術会議の平成22年度新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業への応募となり、提案プロジェクト「林業被害軽減のためのニホンジカ個体数管理技術の開発」が採択され4年の実施期間で開始された。他方、平成20年度からの内閣府の沖縄特別振興対策調査費によって実施されてきたプロジェクト「亜熱帯島嶼域における森林の環境保全と資源利用に関する研究事業」が所期のプロジェクト目標を達成し終了した。

 今後も、九州支所では森林・林業に関する様々な地域問題の解決に向け努力していく所存であり、関係各機関の皆様のさらなるご支援とご協力をお願い申し上げる。

 
試験研究の概要
[暖帯林育成担当チーム]
九州におけるスギ葉枯れ症状の広域発生マップ ・・・重永英年
[森林生態系研究グループ]
森林土壌に含まれる糖類へのHPLC高感度分析法の適用 ・・・石塚成宏
アンケート調査による熊本県内のニホンジカ分布情報の取りまとめ ・・・野宮治人
小笠原諸島西島における外来樹種モクマオウの急速な分布拡大・・・安部哲人
スギ人工林における強度間伐後の残存木の成長経過と16年後の樹形 ・・・荒木眞岳
石灰石鉱山に植栽したクスノキ科樹木の成長 ・・・香山雅純
大分県日田市の下刈りが省略された林地における植栽木および雑草木の成長 ・・・山川博美
[山地防災研究グループ]
桜島火山渓流の堰堤に及ぼす堆積土砂の影響 ・・・浅野志穂
[森林微生物管理研究グループ]
森林総研九州支所構内で発生した樹木病害−カマツカ赤星病− ・・・高畑義啓
タモギタケの染色体地図作成にむけた交配菌株の作出について ・・・宮崎和弘
[森林動物研究グループ]
イヌツゲを利用したニホンジカの採食圧指標 ・・・矢部恒晶
やんばるの森林でカミキリムシが植林樹種間の違いから受ける影響について ・・・後藤秀章
[森林資源管理研究グループ]
施業集約化の新たな課題−分散的な間伐施業地− ・・・山田茂樹
菊池水源収穫試験地における林分構造の変化 ・・・近藤洋史
カンボジアにおけるPALSARデータを用いた森林観測 ・・・齋藤英樹
試験研究の成果
平成22年度の発表業績
編 集:独立行政法人 森林総合研究所九州支所
〒860−0862 熊本市黒髪4丁目11番16号
TEL:(096)343-3169 FAX:(096)344-5054